トップイメージ

消費者キャッシング審査甘くて通りやすい

最初の申込金額は、出来るだけ抑えて申し込みする事です。いきなり100万円とかの申し込みは、避けた方がよいと思われます。他業者の借り換えを疑われたりしますので、最初はある程度定額の申し込みをすべきです。消費者金融・銀行カードローンによっては、最短即日で10万円をキャッシングすることができます。そのため、同じキャッシング会社でも審査が通ったり通らなかったり・・・ということがあります。

キャッシング審査が甘いか厳しいかは申込者次第カードローンを申し込む時には、どのキャッシング会社を利用したとしても必ず【審査】があります。闇金融と見極めるポイント年収、勤務先、勤続年数、雇用形態、住居形態などから総合的に見て、返済能力があると判断されればお金を貸してもらえます。

年収が高い、他社借入が少ない、勤務年数が長い、キャッシングの過去の利用状況に問題がない。審査に受かりやすい条件は、こんな感じです。逆に多重債務であったり、勤続年数が1年未満、過去のキャッングの利用状況が悪かったり、総量規制の対象外であったりすれば、キャッシングの審査で不利になります。それは、定住しているか否か、です。

要するに、キャッシングの審査に受かるも落ちるも借主本人次第という事です。付け加えるならば、正規雇用者の方がパート・アルバイトよりも審査に受かりやすいし、女性であれば専業主婦よりもOLの方が審査に受かりやすいと言えます。

少しでも審査に通りやすくするためのコツ

キャッシングの審査に落ちた時、融資してくれそうな業者を色々探して回る事があります。そうした時に陥りやすいのが、闇金融の融資です。闇金融でのキャッシングは、色々な意味で危険を伴います。闇金融とは、平たく言えば県や国にきちんとした手続きせずに届出をしていない、違法な金融業者の事です。ですので、超高金利や強引な取り立てといった違法な手段で、キャッシングを行っている可能性が非常に高いのです。他にはクレジットカードのショッピング枠現金化サービスであったり、無利息や手数料無料を謳ったりして申し込みを誘っていたりします。

ただ、銀行カードローンの審査に落ちて消費者金融の審査に通る場合はあります。私もそうでしたが、個人事業主の場合このケースは多いようです。

最近のネットカフェやマンガ喫茶の一部では、住民登録を代行してくれるところもあります。安定し生活のスタートを切るためにお金を貸してほしいのに、家がないという理由でお金を借りることができない・・・これは悲しいことです。

どこからも借りられないとヤミ金に借りてしまう人がいますが、クレジットカードを持っていれば、キャッシング枠があるかもしれませんので、そちらを利用しても良いと思います。絶対にヤミ金には手を出してはいけません。また、消費者金融の場合、総量規制の影響を受けるため、年収の3分の1を超える額は貸してもらえません。他にも、50万円超の限度額設定をする際に収入証明が必要になるなどの条件があります。

他社借入があると審査に不利

「無審査」「信用情報事故者OK」「どの業者より低金利」といった事を、全面に押し出した広告をしている消費者金融業者があるとしたら、闇金融の可能性があります。何故ならそういう表現の広告は、法律で禁止されているからです。きちんと届出をして登録している業者は、広告に登録番号を表示しています。例えば関東財務局(○○)第○○○○○号というように表示しているので、少しでも怪しいと感じたらこの番号から、届出をしている業者かどうか見定める事が可能です。

お金を貸す以上、返してもらわなければいけませんので、借りる人に返済能力がないと貸してくれません。これは、消費者金融のキャッシングでも銀行カードローンでも同じです。 キャッシングの審査は、年収の1/3までしか出来ないなど、貸金業法で定められた仕組みがいくつかありますが、最終的に貸す、貸さないはその業者の判断です。

「審査が甘いカードローン」は存在しています

知名度の高い大手消費者金融が融資しなくても、中小業者で融資が可能となったという事はよくある事なのです。大手消費者金融のキャッシングの審査に通らなかった場合は、中小の消費者金融に申し込むのも一つの手段です。キャッシングには必ず審査がありますので、審査が甘いキャッシング会社(消費者金融)を知りたい人は多いと思います。

借入金額は、全体として少なければ少ない方が可です。もう少ししたら一つの借入が終わるようであれば、申し込みを少しずらすなどしてみた方がよいと思われます。しかし、そんなことはありません。貸金業者の数は近年かなり激減していますが、それでも全国に1,900社程の貸金業者が存在しています。しかしそれは登録している正規の貸金業者の数で、いわゆる闇金業者はかなりの数にいると見られています。

ネットカフェやマンガ喫茶で住民登録をしてしまうのです。ですので、借りやすい所を探して、聞いた事のないような業者を利用する時はかなり注意を必要です。申し込みをしない方が無難かもしれません。大手の消費者金融であれば少なくとも違法性は無いので、そうした意味からも安全かもしれません。もしくは銀行のカードローンも選択肢の一つです。銀行のカードローンやローンについては、何も心配する事はありません。

これは2社、3社となると・・・落ち込むどころか、「自分はそんなにだめな人間なのか」と考えてしまいますね。 何社も落ちた人でも審査が通ってしまうような「審査が甘いカードローン」は存在しています。 キャッシングの審査は、キャッシング会社や借入額によっても変わってきますので、一度断られても他の会社の審査に合格する可能性はあります。

ページトップへ